‘バラ部’


【バラを楽しむ会2018告知情報】

毎年恒例の『バラを楽しむ会』が、

今年も立川展示場で行うことが決定しました。

天草ハウジング 立川モデルハウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日時   2018年5月19日(土) 13:00~16:00

場所   天草ハウジング 立川モデルハウス 庭園

□ 参加ご希望のかたは、お電話、メール、または担当者に直接お伝えください(下記に記載)

□ 10組限定(抽選制)

□ メインイベント「新苗の植え付け講座」 (使用した苗はプレゼントいたします!)

 

以前のイベントの模様

 

 

 

 

 

 

申込み方法

1.電話予約
立川展示場( 042-526-2433 )担当:霜島
横浜展示場( 045-534-9888 )担当:永田

2. 各展示場にある、もしくはオーナー様に毎月お届けする弊社情報誌「Amacan」同封の、応募用紙よりFAXによるお申込み( 045-534-9889 )

3.メール( info@amakusa.co.jp )まで。必要事項(氏名、人数、ご連絡先電話番号、住所)をご記入ください。

ご参加お待ちしております。

 

 

横浜展示場のバラ紹介

こんにちは。バラ部 坪松です。

4月中旬になり、いよいよバラの開花が近づいてきました。
今回はバラの開花に先駆け、横浜展示場に植わっているバラたちをご紹介。
※写真は去年のものを使用しています。

横浜展示場には、全17株のバラが植わっています。
正面玄関向かって右手の花壇スペースに植わっているのが、

ダークレディー

ダークレディー
DSC02928-300x225

濃い赤色のバラが外壁のレンガとマッチしていますね。株はそこまで大きくないですが、存在感がしっかりあるバラです。

アンブリッジローズ
アンブリッジ ローズ

薄ピンクの可愛らしい花が特徴的です。病気にも強く、展示場の中でも特に長い期間花を
咲かせてくれます。つぼみを沢山つけるので程よく間引いてあげています。
株も大きいので今年も期待大です。香りもずば抜けていいですよ。

ジェントル ハーマイオニー

ジェントル ハーマイオニー
可愛らしい花なのですが、株が小さくあまり花付きがよくないです。
去年も一つの枝が虫にやられてしまったので、今年は要注意です。

メアリーローズ

メアリーローズ
小ぶりな薄赤ピンク色のツルバラ
横浜展示場ではオベリスクに這わせています。大きさからしても
展示場で一番存在感のあるバラです。
花が散りやすいのが少し難点。

玄関向かって右側には

クウィーン オブ スウェーデン

クウィーン オブ スウェーデン
まさに横浜展示場にふさわしいネーミングのバラが玄関のすぐ横に
どーんと植わっています。病気にも強く育てやすいバラです。
こちらのバラも少し花が散りやすいので手入れは少々大変ですね。

レディ エマ ハミルトン

レディ エマ ハミルトン
クウィーンオブスウェーデンのわきにひっそりと咲くこのバラは特徴的な
薄オレンジ色。株があまり大きくないので、花は少ないですが、
特徴的な色で見る方を魅了します。

テラスの奥に咲いているのは

ウィズレー

ウィズレー
今年一番元気がよさそうな子がこの子。
香りもよく花付きも良いです。
私は5月になると、ウィズレー⇒アンブリッジローズの順に香りを嗅いでから
出社しています。(笑)

チャールズ レニ マッキントッシュ

チャールズ レニ マッキントッシュ
毎年病気にやられがちですが、今年は気を付けて育ててあげたいと思います。
花持ちはいいので、花摘みは簡単です。

クレアオースチン
14 クレアオースチン

黄色と白のグラデーションカラー
上品なバラです。
花が散りやすいのは困ったポイント
病気にやられがちなので、気を付けて育ててあげたいです。

ジュビリー セレブレーション

15 ジュビリー セレブレーション
魅力的なグラデーションカラー
香りもとっても良く私のお気に入りの一つです。
頑張って世話をしてあげれば、秋もきれいに返り咲きます。

そして最後が

ピエールゾーン

IMG_8521
こちらは植えて2年目・3年目のルーキなので
本格的な花をつけるのは今年からでしょう。
楽しみです!!

ちなみに一つが
ピエール ドゥ ロンサール

PierredeRonsard

もう一つが
ルージュ ピエール ドゥ ロンサール

rouge21

どちらもツルバラで大理石で出来たバラスター・煉瓦外壁とのコラボレーション
が今年の目標です。

 

【ばらいろらいふ】~冬の肥料やり~

こんにちは、バラ部坪松です。今回は冬の期間に行う肥料やりについて特集していきたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、バラの全盛期は春の温かい季節です。この時期にきれいな花を咲かせてもらうために、日々の手入れをしていくのですが、冬の寒い時期に行う(12月から2月)肥料やり【寒肥(かんぴ)】はその手入れの中でも重要な作業の一つです。

なぜ冬に肥料をあげるの?と疑問に思う方も多いと思いますが、答えは単純で、『冬にあげた肥料が時間をかけて分解され、バラの咲く時期に最もバラに吸収されやすい状態となる』ためなのです。

さて、早速肥料やりの手順を紹介していきたいと思います。

まずは肥料をそろえるところからスタートです。肥料と言ってもバラの肥料は園芸屋さんやホームセンターには数多く品ぞろえがあり、何を上げればいいのかお困りの方も多いと思います。

そこで‥

天草ハウジングオリジナルオススメブレンドをご紹介!

高級輸入住宅 バラ レンガ積みの家

 

※バラの種類によっても諸説ある為、これが必ず良いわけではありませんが、バラの専門家に相談して展示場での肥料やりのベースにしています。DSC05010肥料をそろえたら大き目の容器に移ししっかりとブレンドしてください。IMG_2068

肥料のブレンドが終了したら穴を掘っていきます。ばらの根っこを傷つけないように(休眠期なので多少は切ってしまっても問題ないです)、株元から20㎝くらい離れた場所に気を付けながら穴を掘るようにしてください。一つのバラに対して2~3カ所大体30㎝くらいの深さの穴を用意してください。

バラを植えている量にもよると思いますが、ココが一番重労働です。展示場のバラの量はかなり多いのでしっかり軍手をしないと、手にマメが出来て後々後悔することになるので注意してください。(笑)

穴が出来上がれば後は簡単。ブレンドした肥料を中に入れて土と混ぜながら穴を塞いでください。

以上で寒肥完了!寒い時期の作業の為、温かくして作業にあたってください。きれいなバラに囲まれた素敵な春を過ごすために頑張りましょう!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【イベント告知】 2月1日 バラの剪定会 2014

バラ剪定会

 このイベントは終了しました。
イベント当日の様子はこちら

続きを読む

【イベント告知】5月25日 バラを楽しむ会

バラを楽しむ会
このイベントは終了しました。
イベント当日のレポート

続きを読む

オーナー様のお家とお庭がTVで紹介されました。

今年2012年4月22日放送のNHK Eテレ『趣味の園芸』にて、「玉さん庭をゆく」というコーナーで、オーナー様(神原昌子さん)のご自宅の庭と建物が紹介されました。

天草ハウジングの動画チャンネルでも、ご覧いただけるように投稿しましたので、興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

放送回の視聴はコチラ↓

「一年中花が咲くガーデン」

 

AMAKUSAバラ部 

「バラ部始動!!」

皆さんこんにちは。ついに天草バラ部が満を持して創部されました。 現在の部員はバラ部長竹内のもと、営業部の榎本、新入部員の倉上、 特別部員として弊社社長の藤川富次、工事部長の藤川富美義 を合わせ総勢5名での部となっています。

バラは輸入住宅によく似合います。

特に「レンガ積みの家」にはとても相性がいいバラ。

我々バラ部はもっともっとバラと輸入住宅を流布していきたいと本気で思っています!!

5人ともバラを育てるのにはまっており、 今までも各展示場のバラの手入れはこのメンバーを中心に行っていました。

活動内容やイベントなどは随時お知らせいたしますが、 まずは今年1月にバラの剪定を行いましたのでその模様をお伝えいたします。

 

今年の剪定は全ての展示場のバラを5人のバラ部員+お手伝いさんで行いました。 道具のほとんどは社長の藤川が用意しました。 バラの剪定は工事部長指導のもと、進めていきます。

 

 

 

春になってどのように枝が伸びると美しいかを想像しながら 剪定するのがコツということでしたが・・・なかなか難しいものです。(汗)

さんざん手を傷だらけに しながらも、剪定終了。
麻紐でオベリスクに括り 付けながらバランスよく仕上げます。              

後はバラの周りの土を掘り起こし、肥料を混ぜ込みます。
最後に消毒。石灰硫黄合材を噴霧して万事終了。 立川の展示場はあまりにも数が多く、 2日かけて作業を行いました。

あとは咲くのを待つばかり。春になってようやく芽吹いてきました。バラを育てるのもなかなか体力がいるものです・・・。

 

「今年はかなり手間をかけたのできっときれいに咲く!」と社長の藤川が自信たっぷりに申していましたので、満開の頃にはまた皆様にご報告させて頂きたいと思います!